ここは変態アニメと名高い『いぬかみっ!』の非公式ファンサイトだ! だが俺は原作厨なので「原作は別に変態じゃないんだぜ」っていうのを分かってもらおうと思って作ってみた。 だがアニメを否定する気はない、萌えもエロもおっぱいも野郎の裸もどんとこい!!

『いぬかみっ!』とは

『いぬかみっ!』は、電撃文庫から刊行された有沢まみずのライトノベル。また、これを原作とする漫画、アニメ作品である。 原作のイラストは若月神無

概要

文庫本は短編集という体裁を取っているが、基本的には書き下ろし作品が中心。文庫本第1巻は、2003年1月に発売されたが、シリーズ開始当初の数話分は、文庫発刊の前年(2002年)より雑誌刊行元のライトノベル雑誌「電撃hp」で連載されていたものである。

なお、現在も同誌に不定期で数話単位の集中連載や読切が特集として掲載されることがある。2007年5月第14巻で完結した。 2005年から2008年にかけて、漫画版『いぬかみっ!』が「月刊電撃コミックガオ!」にて連載された。同誌で『ひなどりGIRL』を連載していた漫画家・松沢まりが漫画版の作画を担当した。
そして2006年4月より、テレビアニメシリーズ『いぬかみっ!』が放送開始。テレビ東京系列局6局にて放送された。また、このテレビアニメシリーズの放送開始に先駆け、登場キャラクターのイメージCDが製作・発売された。

2006年9月に電撃コミックスとして発売されたコミック『いぬかみっ!あんそろじ・』には、原作者である有沢まみずの著した外伝作小説「もしかしたらifの物語断片」が掲載されている。
2006年12月に、ニンテンドーDS対応のサウンドノベル「DS電撃文庫」版が発売されている。
2006年9月、電撃文庫ムービーフェスティバルの作品の1つとして劇場版アニメが製作されることが発表され、2007年4月に公開された。

原作では第8巻までが「第一部」というくくりとなっており、第9巻は番外編。第10巻から「第二部」となり、全14巻で完結している。ただし、その後も番外編にあたる「いぬかみっ! EX」が2冊発表された。
また、作者によれば『いぬかみっ!』はまだ完全には終わっておらず、その世界観は後の作品である『ラッキーチャンス!』に引き継がれている。
物語の主な舞台となる吉日市のモデルは盛岡市との事。